メディカル・モバイル・コミュニケーションズ

ABOUT
Make it kinder & easier !!

メディカル・モバイル・コミュニケーションズ合同会社は、
医療をもっと「優しく」「わかりやすく」をコンセプトにした
これまでの既成概念・慣習にとらわれない
「医療と人・社会」をつなぐキュレーションカンパニーです。

会社概要

名称 メディカル・モバイル・コミュニケーションズ合同会社
Medical Mobile Communications co.,Ltd(M2CC)
代表者 柳澤 昭浩
所在地 〒101-0032 東京都千代田区岩本町3-4-9 HOPE CITY 804
電話:03-5829-4173 FAX:03-5829-4174
メール:info@m2cc.co.jp
事業内容 医療・ヘルスケア領域における下記事業
・イベント・セミナー企画・運営
・マーケティングリサーチ
・WEB企画制作・映像企画制作
・がん啓発チャリティイベント運営
・コンサルティング事業

代表者略歴

柳澤 昭浩

柳澤 昭浩
Akihiro Yanagisawa

Facebookアカウント Twitterアカウント

メディカル・モバイル・コミュニケーションズ代表社員

大学卒業後、外資系製薬企業(ブリストル・マイヤーズ株式会社)に18年間勤務。営業、学術推進、マーケティング等の部署を担当し、抗がん剤の臨床試験、医療者向けセミナー、患者、市民向けのセミナー等の企画、制作、運営等も担当。海外におけるPatient Advocacy Groupの活動意義の重要性を鑑み、NPO法人キャンサーネットジャパンのボランティア活動にも参画。

その後、同社を退職し、NPO法人キャンサーネットジャパンに理事、事務局長として入職。乳がん体験者コーディネーター養成講座、がん情報ナビゲーター養成講座等の企画・立案・実施。同NPO在籍時における患者向けのセミナーの実施は数百回に及び、これらの動画配信システムを導入し、配信コンテンツは1,500、再生回数は250万回を超える。その他、日本で初めてがん関連学会等へのPatient Advocate Programを提案し、その企画・運営に関わる。

2015年からは、異なるStakeholderとの連携の必要性を感じ、特定非営利活動法人 日本肺癌学会 チーフ・マーケティング・アドバイザー、がん情報サイト「オンコロ」 コンテンツ・マネージャーなどとしても活動の場を広げている。また、日本おけるAYA世代(15歳~39歳)のがん患者支援、研究開発に貢献すべく、樋口宗孝がん研究基金の代表とし、チャリティーライブ等の企画・運営にも関わる。

代表者契約事業

特定非営利活動法人 日本肺癌学会 チーフ・マーケティング・アドバイザー
がん情報サイト「オンコロ」 コンテンツ・マネージャー
株式会社クリニカル・トライアル マーケティング・アドバイザー
株式会社クロエ マーケティング・アドバイザー
樋口宗孝がん研究基金(MHF) 代表

その他の活動

認定NPO法人キャンサーネットジャパン(CNJ) 外部評価委員
特定非営利活動法人 日本肺癌学会 広報委員会 委員
特定非営利活動法人 日本肺癌学会 肺がん医療向上委員会 委員
一般社団法人 北関東婦人科がん臨床試験コンソーシアム(GOTIC) 臨床試験審査委員会 委員
特定非営利活動法人 婦人科悪性腫瘍研究機構(JGOG) 臨床試験審査・倫理委員会 委員
公益財団法人パブリックヘルスリサーチセンター CSPOR乳がんグループ独立データモニタリング委員会 委員
昭和大学医学部 内科学講座 腫瘍内科学部門 兼任講師
千葉大学普遍教育科目「がんの生物学と社会学」外部講師